歴史

古代の歴史

photo

春川の歴史, マエクの古代の首都

それは独自の王子がいて、韓国の三国志の一つである新羅の第27王妃徳洞で、臼杵村と呼ばれました。 文武13年(AC 673)、慶徳16年(AC 757)、佐伯村に変わったスヤクジュ村(須磨村、スサヤクとも呼ばれる)は、再び光海村に入った。

三国志と統一新羅

photo
  • 637

    (ソンドンク女王、6年)王子が支配し、その地域の名称はウスジュ

  • 673

    (文武王、13年目)臼杵は、「おしねえ」や「スサヤク」とも呼ばれるスヤクジュ

  • 757

    慶徳王、16年)スヤクジュは同じ年に佐伯と再び光海州に復帰した。

高麗時代

photo
  • 940

    (太祖、23年)町は忠州村として再編された

  • 995

    (ソンジョン、14年)中央政府は市長を任命し、忠州(チュンジュ)をアンビョンドホブ行政区に組み入れた。

  • 1203

    (ソンジョン6年)全州(チュンジュ)地域の地位が安養洞(安陽洞)の行政区に上がった。アンビョン・ドホブ行政区から分離された後、長らくジチュンジュジャ郡に堕落した。

朝鮮時代

photo
  • 1403

    (太宗、3年目)この地域のタイトルが春川(現在の題名)に再編成され、

  • 1413

    (太宗、13年)春川郡の現在の名称に変更された。

  • 1415

    (太宗、15年)春川郡は春川(チュンチョン)道庁(チュンチョンドホブ)行政区に育ちました。

  • 1627

    (Injo、5年目)Dohobu行政区が廃止され、主要軍事基地に派遣された高級軍将校であったBangeosaとPotosaが派遣された。

  • 1747

    (英祖 23年) 防禦使を鉄原(チョルォン)に移り、府使(ブサ)兼左営(チヤヨン)を設置。

  • 1755

    (英祖 31年) 県に降等。

  • 1764

    (英祖40年)再び都護府になる。

  • 1888

    (高宗 25年) 春川留守府(ルスブ)へ昇格し、京畿に隷属。当時の春川留守である閔斗鎬(ミン・トゥホ)が王の命令で、現在の江原道庁の地に離宮を建築し、緊急時の朝廷の避難所として定められる。

  • 1895

    (高宗 32年) 従来の8道を廃止し、23府が設置される、江原道に春川府(13郡)と江陵(カンヌン)府(9郡)へ改編。原州(ウォンジュ)監営をなくし、都府司(トブシ)を春川へ移す。その後、観察府(カンチャルブ)に改称。その時、全国を23府に区画し、春川府に改称し、観察司を駐在させる。勅令第98号によって23府制を実施し、都護府が廃止され、春川府になる。

  • 1896

    (高宗 33年) 勅令第36号(1896年8月4日に公布)によって23府制が13道制へ改正され、観察府が道庁へ改編、春川郡になる。1邑10面108里を管轄することになる。

もっと

大韓帝国

photo
  • 1913

    春川郡・府内(プネ)面になる。

  • 1917

    府内面を春川面に改称。

  • 1920

    布令第13号による面制改訂で、指定面になる。

  • 1931

    府令第103号による地方制度の改変で、春川邑へ昇格。

  • 1939

    府令第169号によって、新北(シンブッ)面の牛頭(ウドゥ)・司農(サノン)、東(トン)面の後坪(フピョン)、新東(シンドン)面の碩士(ソクサ)・退渓(テゲ)・温衣(オニ)など6つの里が春川邑に編入。

もっと

大韓民国

photo
  • 1946

    軍政法令第84号によって、春川邑が春川府に昇格。

  • 1949

    法律第32号によって地方自治法が施行され、春川府を春川市へ改編。

  • 1970

    条例第365号によって孝子(ヒョジャ)1洞を分離して孝子3洞を新設。

  • 1973

    大統領令第6542号による行政区域の改変で、春城(チュンソン)郡・新東(シンドン)面の三川(サムチョン)里、漆田(チルジョン)里と西(ソ)面の錦山(クムサン)(中島(チュンド))、玄岩(ヒョンアム)里の一部と、新北面の新東里が春川市に編入され、3つの洞が増設。東山面の北方、楓川里が洪川郡に編入、北山面の水山里が麟蹄郡に編入。

  • 1986

    市の条例第1337号によって後坪洞を後坪1、2洞へ分ける。

  • 1989

    郡条例第1200号によって新東面の新村(シンチョン)里出張所地域が東内(トンネ)面へ昇格、郡の条例第1202号によって南面の鉢山(パルサン)出張所地域を南面へ昇格しながら、従来の南面を南山(ナムサン)面へ改編する。

  • 1990

    邑・面・洞間の境界調整で、春川市・孝子(ヒョジャ)洞の一部が後坪洞に編入される。

  • 1992

    春川市条例第1772号によって碩士洞の一部が孝子洞へ編入される。

  • 1993

    春川市条例第1791号によって孝子洞と温衣洞の一部を槿花(クンファ)洞に編入。春川市の条例第1810号によって退渓洞の一部を温衣洞へ、温衣洞の一部を退渓洞へそれぞれ編入。

  • 1994

    市条例第1861号によって後坪2洞を後坪2洞と後坪3洞に分け、条例第1865号によって碩士洞の一部を後坪洞に編入。

  • 1995

    都農複合タイプの市の設置などに関する法律第4774号によって春川市と春川郡が統合され、都農複合タイプの春川市になる。春川市条例第158号によって新北面を新北邑へ昇格。

  • 1997

    春川市条例第267号によって西面の龍山(ヨンサン)出張所を廃止。

  • 1998

    春川市条例第295号によって東面の上傑(サンゴㇽ)出張所を廃止。春川市条例第310号によって西面の徳斗院(トットゥイン)出張所、史北(サブッ)面の龍山出張所、北山(プッサン)面のチョギョ出張所を廃止、春川市条例第314号で中央(チュンアン)洞・昭楽(ソナッ)洞・昭陽(ソヤン)洞が、昭陽洞に、槿花洞と湖畔(ホバン)洞が槿花洞に、薬司(ヤッサ)洞と竹林(チュクリン)洞が薬司洞に、温衣洞・三川洞・漆松洞が江南(カンナム)洞に、司牛(サウ)洞・牛頭(ウドゥ)洞・新(シン)洞が新司牛(シンサウ)洞に、統合。

  • 1999

    春川市条例第338号によって新東面 鼎足(チョンゾッ)里の一部と温衣洞の一部を漆田(チルジョン)洞に編入。

もっと